共に生きる社会を目指す大河原まさこさんを、再び国政に!

2013年7月19日 06時24分 | カテゴリー: 活動報告

大河原まさこさんは、6年前、民主党より国政に市民政治を!と求められ、民主党より立候補、参議院選挙・東京都選挙区にてトップ当選、国政を私たち生活者の視点で変え、市民社会を強くする政治の実現を目標に活動してきました。

 今回の衆議院選挙の争点は、憲法・原発・TPP問題です。

 大河原まさこさんの8つの政策人口減少、少子超高齢化時代を支える「人への投資」)

 1「グリーンエネルギー革命」で原発ゼロ社会へ

 2 チルドレン・ファースト(子ども優先)

 3 食の安全を守り「地産地消」で都市農業を推進

 4 誰もが安心して受けられる医療・介護・福祉

 5 不要不急の公共工事は大きく見直し地域ニーズに応えるインフラ整備

 6 多様な人材が支え合い、創り合う地域づくり

 7 憲法96条改正にNO!

 8 安心して働く場所の実現

そして主権放棄に等しいTPPには断固反対!!

 

 緑茶会という日本初の市民のための政治団体(脱原発を志す候補者を一人でも多く国政選挙で当選させることを目指している団体)の推薦を受けている東京選挙区では唯一の候補者です。

 公示2日前に民主党等公認を取り消され、無所属として立候補、一台の選挙カーだけで東京都内を駆け巡っています。

 7月19日、下記時間に江東区にて遊説します。 

エネルギーシフト・原発ゼロ社会の実現、格差を是正し安心して暮らせる社会の実現、環境、福祉、人間らしい働き方、人間らしい経済、東日本大震災の復興について皆様に訴えます。近くにお住いの方は是非、足をお運びください。

  【街頭遊説ポイント】

◍10:30~45 イトーヨーカ堂木場店前

◍11:30~50 スーパービバホーム豊洲店前

  

政治の課題は生活現場にこそある!生活の現場を知る大河原まさこさんを再び国政に送り出しましょう!